リデンシルの育毛成分効果が凄い!ミノキシジルの2倍の効果を確認!

あなたは、2016年最も注目される育毛成分「リデンシル」を知っていますか?

2014年にドイツで開催された世界最大の化粧品原料展示会「In-cosmetics」で、リデンシルが銀賞を受賞したことが大きな話題となりました。なぜなら、キャピキシルが銅賞だったからです。キャピキシルといえば、育毛効果が期待できる成分として多くの育毛剤に使用されています。キャピキシルでさえ取れなかった銀賞をリデンシルが獲得したことで、従来の育毛成分よりも効果が期待されているのです。

 

やはり気になるのは、「髪の毛に対してどのように作用するのか」です。簡単に表にまとめてみました。

リデンシルのここが凄い!

・ミノキシジルよりも2倍以上の毛包成長効果!

・毛の発育に必要な毛母細胞を増やす!

・頭皮の炎症を抑える!

・頭皮の老化を防止する抜け毛予防!

いかがでしょうか。リデンシルについて少しご理解いただけたと思います。

当サイトでは、リデンシルの成分効果を最新の臨床データに基づいて解説していきます。記事の後半では、リデンシルを含む育毛剤のご案内もいたしますので最後までお楽しみに!

 

ですが、最後まで待てないよ!という方はコチラの商品をご覧ください。

2016年12月19日発売したばかりのリデン育毛剤です。

今なら、年末年始キャンペーンで45%オフの6,980円です!
嬉しい特典として、30日以内なら全額返金保証付きです!

いち早く試したいという方にオススメです♪

 

↓↓↓購入はこちらをクリック↓↓↓

リデンシルとは?世界最大の展示会で銀賞を獲得!

リデンシルは、スイスの原料メーカーInduchem(インデュケム)社によって開発されたプレミックス成分です。頭の根っこ(バルジ領域)に働きかける成分として、2014年にハンブルクで開催された世界最大の化粧品原料展示会で銀賞を受賞しました。また、育毛剤成分では唯一の銀賞受賞なので管理人はかなり気になっています!

リデンシルの臨床試験では、「毛髪の成長を再活性化」「頭皮の炎症を抑える」「抜け毛の減少」といった研究結果が明らかになりました。

リデンシルの成分

・水
・グリセリン
・ピロ亜硫酸Na
・グリシン
・塩化亜鉛
・セイヨウアカマツ球果エキス
・チャ葉エキス・DHQG: Dihydroquercetin-Glucoside
ジヒドロケルセチングルコシド

EGCG2: Epigallocatechin-gallate-Glucoside
没食子酸エピガロカテキングルコシド

リデンシルには、髪の毛に良いとされるグリシンや亜鉛の他に、特許成分DHQGEGCG2が含まれています。

この特許成分が、バルジ領域で発毛幹細胞を活性化させたり頭皮の炎症を抑制するのです。

リデンシルはミノキシジルの2倍の効果

こちらのグラフは、実際のリデンシル臨床試験の研究データです。
AGAで悩む4人の男性に「ミノキシジル1%」と「リデンシル1%」を7日~10日間使用した結果を表しています。

データの通り7日目までは、ミノキシジルとリデンシルに差はほとんどありませんでしたが、10日目にリデンシルが急激な成長を見せています。処置なし時に比べて214%の毛髪の成長を増加させ、さらにミノキシジルのベンチマーク基準よりほぼ2倍高い結果となりました。

被験者が4人と少ないですが、ミノキシジルの約2倍の効果は明らかなので、信用に値する結果ではないでしょうか。

リデンシルの効果を学術データから徹底解説!

こちらは、リデンシルの育毛効果を図にしたものです。リデンシルの成分でもお伝えしたように、独自の特許成分DHQGEGCG2が頭皮の炎症を抑えたり、細胞を活性化させることで毛髪の成長を促進させます。

では、リデンシルがどのように毛髪の成長を促すのかを髪のサイクルとAGAの原因を元に説明します。

髪の毛は、3つのサイクル(毛が成長する成長期・退行する退行期・毛が抜ける休止期)で構成されています。
AGAは、髪の毛が抜ける「休止期」の期間が長くなり、「成長期」の期間が短くなることで起こります。

そこでリデンシルは、AGAで短くなった「成長期」の期間を伸ばすことで本来の健康な髪サイクルを取り戻しているのです。

 

これはとても嬉しい効果ですよね。いくら育毛剤を使用しても、髪の毛のサイクルが変わらなければ効果は見込めません。リデンシルは、直接髪の毛サイクルの成長期に作用することで効果を引き出そうとしているのです。

 

↓↓↓購入はこちらをクリック↓↓↓

DHQGが「丈夫な髪の毛を増やす」効果を調べた研究データ

この実験は、DHQGが線維芽細胞に与える効果を調べたものです。線維芽細胞とは、真皮(皮膚の本体)を構成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す元になる細胞のことです。線維芽細胞を健康に保てれば、丈夫な髪の毛を増やすことに繋がるので重要な研究です。

 

この実験では、bFGF(線維芽細胞を増殖させる効果を持つ)がDHQGの比較対象とされています。この結果から、50μMのDHQGが10ng/mLのbFGFよりも高い生存率があることが分かりました。

つまり、DHQGには、線維芽細胞の増殖を促し丈夫な髪の毛の土台となる真皮を生成する効果があるということです。

DHQGが「毛髪密度を増加させる」効果を調べた研究データ

続いて、DHQGが「成長期」に与える髪の毛の増加量と「停止期」の髪の毛の減少量を調べた研究です。

18歳から70歳までの26名の男性を対象に、3ヶ月間リデンシル(3%)を使用しました。また、プラシーボ効果(思い込みによる効果)を避けるために一方の被験者にはリデンシルが含まれていないものを塗布しました。

 

1ヶ月の時点では変化はありませんが、3ヶ月目にリデンシル3%の方が「成長期と停止期の髪の毛の増減率の割合」が29%も多くなるという研究結果が明らかになりました。

つまり、DHQGには、「成長期」に毛髪密度を増やし、「停止期」には毛髪密度の減少を少なくする効果があるということです。

EGCG2が「頭皮の炎症を抑える」効果を調べた研究データ

続いての研究データは、EGCG2がIL-1β(頭皮の炎症を起こす元になる)に対する作用を調べたものです。炎症を起こした皮膚は脱毛を引き起こしやすいので、こちらも重要な研究と言えます。

この研究では、「正常な細胞(処置なし)」、「Il-1βを加えインターロイキン-8(炎症状態)を起こした細胞」、「Il-1βとEGCG2を加えた細胞」の3つを48時間比較したものです。

その結果、EGCG2を加えたほうの細胞は21%の炎症を抑えた研究結果が明らかになりました。

つまり、EGCG2は頭皮の炎症を抑える効果があるということです。

リデンシルの効果を目で確認!臨床試験結果(画像付き)

お待たせしました!ついに画像付きの研究データです。

こちらは、52歳・42歳・29歳のAGA男性被験者がリデンシルを3ヶ月間使用して髪の毛が増えている証拠画像です。

それぞれ左から、28,200本、25,800本、17,400本の髪の毛の増加が見られます。3人共17%の毛量増に成功しています。

一番注目してもらいたいのが、年齢に関係なく3人とも髪の毛の量が増えている点です。そして、52歳の方でもちゃんと効果があるのは嬉しいですよね!

 

リデンシルを3.6%含む育毛剤「リデン」はコチラです。

 

↓↓↓購入はこちらをクリック↓↓↓

リデンシルの副作用は?

これまでリデンシルの成分や効果を研究データをもとに解説してきました。しかし、ここまで効果が期待されている育毛成分です。やはり副作用が心配で気になります。

実際のところ、副作用はどうなんでしょうか?

 

リデンシルの臨床試験データを調べてみたところ、被験者に副作用の効果は見られませんでした。メインが、水、グリセリン、ピロ亜硫酸Na、グリシン、塩化亜鉛、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキスなどの安全な成分なので、副作用の心配はないようです。実際に、従来の育毛剤にリデンシルを配合した育毛剤も多く発売されているので大丈夫なようです。ただし、薬でもそうですが、万が一合わないと思ったら使用を止めて医者に相談したほうが良さそうです。

リデンシルを含む育毛剤は何がある?

これまでリデンシルの育毛成分や効果について解説してきました。

特許成分であるDHQGとEGCG2の臨床試験の結果、育毛に「効果アリ」ということが分かりました。

ますます期待できる次世代の育毛成分です。
では、私たちが買えるリデンシルを含む育毛剤にはどういったものがあるのでしょうか?

価格や成分比率なども見ていきます!

リデンシル1.5%未満配合「バイタルウェーブスカルプローション」

バイタルウェーブの特徴は、キャピキシルを5%配合しながらも最安値の8,200円(税込み)という価格の安さです。

リデンシルも1.5%未満ですが含まれています。

その他にも、IPS細胞、EGF、FGF、IGFといった注目の成長因子が2%配合されています。

商品開発には、頭皮の専門医も携わっているので、「頭皮にとって良いもの」をブレンドした商品となっています。

バイタルウェーブの特徴を以下にまとめてみました。

・リデンシル1.5%未満配合

・キャピキシルを5%配合

・IPSなどの成長因子2%配合

・価格がリーズナブル!

リデンシル5%配合「Deeper 3D」

Deeper 3Dの特徴は、なんといってもリデンシルを5%配合しているところです。

以前はキャピキシルだけでした。しかし、リデンシルが発表されてからは、いち早く取り入れてバージョンアップしました。

Deeper 3Dは、バイタルウェーブと同じキャピキシル5%ですが、リデンシル濃度と成長因子濃度では大きく上回っています。

しかし、デメリットとして価格も高額です。1本14,100円もします。

育毛剤の質を追求したDeeper 3Dは、「最高品質の育毛剤」を求めている方には大変オススメです!

・リデンシル5%配合

・キャピキシルを5%配合

・8種類の成長因子配合

・本物志向の方にオススメ!

rippa3D(リッパ3D)

REDEN(リデン)養毛剤

リデン養毛剤は2016年12月19日に発売されたばかりの新作です。

現在は、医薬部外品として申請中なのですが、2017年9月頃には「育毛剤」になる予定です。

リデンの特徴は、なんといってもリデンシル3.6%配合で6,980円という最安値価格です!

30日以内なら全額返金保証付きです。興味があるから試したいという方にオススメです!

まとめ

今、最も話題の育毛成分「リデンシル」を臨床試験結果に基づいて解説してきました。

ミノキシジルの2倍の効果や独自の特許成分が「毛母細胞を増やす」効果、ハゲる原因となる「頭皮の炎症」を抑えるなど、複数の働きをすることが分かりました。

さらにキャピキシルとの相性も良いので、2017年からはリデンシルとキャピキシルを配合した育毛剤がもっと増えてくると思います。

育毛剤と合わせてオススメするひげ脱毛の人気の秘密とは?
ひげ脱毛リンクス体験談